シオガマギク

2014/08/02

戦場ヶ原の8月

戦場ヶ原にはシオガマギクとトモエシオガマと似たような花が
両方ともあるようだが、私が見つけたのはシオガマギクの方だと思う。
花が茎の途中にあるのと、葉が対生であることから判断したがどうか。

シオガマギク

シオガマギクの一群といっても数株程度に出会ったのは、
赤沼から歩いてくると 青木橋を渡る手前で湿原から森に変わった所の木々の間だ。
8月下旬とはいえ、湿原の朝は肌寒いくらいで、花も瑞々しい。

|TOP|

シオガマギク

戦場ヶ原では2014年に木道を作りなおして、とても歩きやすくなったのだが、
こういった少数派の植物たちに影響がなかったか心配だ。
これから行かれる方は、是非シオガマギクを見つけてほしいと思う。

|TOP|

シオガマギクの散り際

花の咲き方がまばらで葉の間に埋もれているものだから、散ってしまった花びらのよう。

|TOP|

辞典で詳しく調べる
ゴマノハグサ科シオガマギク属シオガマギク

★ 関連したページ ★
| タカネシオガマ(尾瀬)  | ヨツバシオガマ(白馬・栂池)  | ヨツバシオガマ(尾瀬)  | ヨツバシオガマ(乗鞍岳)  |