尾瀬の高山植物

2017/04/23


高山植物
イワカガミ

イワカガミ

至仏山

イワナシ

イワナシ

鳩待峠〜山の鼻

ウメバチソウ

ウメバチソウ

尾瀬植物研究見本園

オゼソウ

オゼソウ

至仏山

オゼヌマアザミ

オゼヌマアザミ

下田代、山の鼻

オゼミズギク

オゼミズギク

下田代

オタカラコウ

オタカラコウ

大江湿原

オトギリソウ

オトギリソウ

大江湿原、
至仏山登山道

キンコウカ

キンコウカ

上田代、横田代

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

浅湖湿原、至仏山登山道

コオニユリ

コオニユリ

大江湿原、テンマ湿原

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ

至仏山登山道、
尾瀬沼

コバイケイソウ」

コバイケイソウ

マクロ、尾瀬沼、大江湿原

コバギボウシ

コバギボウシ

大江湿原、テンマ湿原

サンカヨウ

サンカヨウ

鳩待峠

サワギキョウ

サワギキョウ

竜宮十字路、テンマ湿原、上田代

ジョウエツキバナノコマノツメ

ジョウエツ
キバナノコマノツメ

至仏山

ジョウシュウオニアザミ

ジョウシュウ
オニアザミ

沼山峠

ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ

鳩待峠、山ノ鼻
尾瀬ヶ原

ソバナ

ソバナ

テンマ湿原

タカネシオガマ

タカネシオガマ

至仏山

ドクゼリ

ドクゼリ

尾瀬植物研究見本園

ナガバノモウセンゴケ

ナガバノモセンゴケ

上田代、中田代

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ

尾瀬沼

ノアザミ

ノアザミ

大江湿原

ノリウツギ

ノリウツギ

鳩待峠

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

至仏山

ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ

至仏山

ハンゴンソウ

ハンゴンソウ

山の鼻 

ヒオウギアヤメ

ヒオウギアヤメ

大江湿原
尾瀬沼

ヒツジグサ

ヒツジグサ

上田代

ヒメシャジン

ヒメシャジン

至仏山

ヒロハツリバナ

ヒロハツリバナ

山の鼻

ベニサラサドウダンツツジ

ベニサラサ
ドウダン

至仏山

三平峠

ホソバヒナウスユキソウ

ホソバヒナ
ウスユキソウ

至仏山

マイヅルソウ

マイヅルソウ

至仏山

マルバダケブキ

マルバダケブキ

テンマ湿原、大江湿原

ミズバショウ

ミズバショウ

尾瀬ガ原、テンマ湿原

ミヤマアキノキリンソウ

ミヤマアキノキリンソウ

山の鼻

ヤナギラン

ヤナギラン

大江湿原

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

尾瀬沼、テンマ湿原

ヤマトリカブト

ヤマトリカブト

鳩待峠

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

至仏山

ワレモコウ

ワレモコウ

上田代、大江湿原、下田代

風景
尾瀬ヶ原の紅葉

尾瀬ヶ原の紅葉

上田代

尾瀬ヶ原
アヤメ平

至仏山

至仏山
鳩待峠

沼山峠

沼山峠
大江湿原
尾瀬沼


99/7/30〜31 沼山峠から尾瀬沼

沼山峠から少し歩いて尾瀬沼が見える展望台の景色が素晴らしい。
また少し歩いて、大江湿原が眼前に一気に広がり、ニッコウキスゲで
黄一色になっているのを見ると、疲れも一揆吹き飛ぶ思いだ。
尾瀬沼の周辺は鳥や昆虫、魚、高山植物の宝庫で、ゆっくり探索したい。

97/8/14〜15 鳩待峠から尾瀬ヶ原、アヤメ平

栃木県側から尾瀬に入る時、最も近いのが鳩待峠。
入山者も多く、朝の3時、4時ごろは思うように歩けないことが多い。
それも、尾瀬が原の入り口、山の鼻までの話。上田代や中田代はゆっくり花を楽しめる。

至仏山に行くルートも健脚でないとつらい意味もあって渋滞はない。
富士見峠からアヤメ平のルートは見るべき所も少ないせいかシーズン中でもまばらだった。