ニッコウアザミ

2015/08/09 (since2010/08/20)

ニッコウアザミ

湯川の岸辺で

ニッコウアザミの壁紙 横幅1280PX

赤沼から逆川沿いに下り、湯川と合流したところから、今度は湯川沿いを上流に向かって歩く。
ここは 戦場ヶ原自然研究路 だ。木道を歩いて行くと、ニッコウアザミに出会った。
8月も中旬になり、アザミは諦めていたが、一株だけだけど、かなりいい状態だった。

このあと、小田代ヶ原まで歩いたが、やはり時期を外したようで、
よく見るアザミ一面の紫色の絨毯を見ることは出来なかった。

小田代ヶ原に入ったあたりで、オネトネアザミの群落も見たが、
まだ花は咲いていないし、風も強くなってしまって写真は諦めた。

写真の暗い背景は湯川で、川底がはっきりと見えるほど澄み切った流れだったため
川底の砂利が暗〜く写ったもの。暑い日だったが、ちょっと涼しい気分になった。

2010/8月中旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N, 70-200 f2.6
f3.2, 1/400

|TOP|

ニッコウアザミ

川面に浮かぶように咲くニッコウアザミ、周囲はそろそろ秋の装い。

|TOP|

赤い川とニッコウアザミ

ニッコウアザミが一輪、赤い川をバックに際立っていた。
この赤い川の原因は、湿原の土中に含まれる鉄分が析出したものらしい。

2013/9月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EEF70-300mm f/4-5.6L IS USM
f5.6, 1/160s, -1.00EV

|TOP|

ニッコウアザミ大株

ニッコウアザミの大株。
なかなかまとまりを見せないニッコウアザミなので、
戦場ヶ原ではこの程度が限界か。

2013/9月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EEF70-300mm f/4-5.6L IS USM
f5.6, 1/160s, -1.00EV

|TOP|

ニッコウアザミ

奥日光はそろそろこの葉が赤みを帯び秋だが、
9月上旬、ニッコウアザミはしぶとく咲いていて。
まだ、つぼみがある株も見ることができた。

2013/9月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EEF70-300mm f/4-5.6L IS USM
f5.6, 1/160s, -1.00EV

|TOP|

辞典で詳しく調べる
キク科アザミ属ニッコウアザミ

★ 関連したページ ★
| ノアザミ(日光・白根) | ノアザミ(尾瀬)  | ノアザミ(花之江の郷)  | ノハラアザミ(霧降高原)  | ナンブタカネアザミ(栗駒山)  | トネアザミ(日光・白根)  | ハッポウアザミ(白馬・栂池)  | フジアザミ(日光植物園)  | オゼヌマアザミ(尾瀬)  | ジョウシュウオニアザミ(尾瀬)  |