トウゴクミツバツツジ

2017/06/06 (since2011/03/19)

| 湯ノ湖 | 中禅寺湖畔 | 湯川 | 竜頭の滝 | いろは坂 | 清滝付近 |

山でも川でも

新緑にトウゴクミツバツツジの紫色が映える。
他に花が少ない時期なのでなおさらだ。

奥日光いろは坂のトウゴクミツバツツジ

5月上旬、下りのいろは坂の斜面、男体山の斜面が前面に広がっている。
トウゴクミツバツツジはそんな崖に枝を一杯に広げていた。

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

トウゴクミツバツツジの壁紙

6月上旬、湯川のトウゴクミツバツツジは、まだつぼみが多くて、花が目立たない。
湯川の流れと花をどう撮るかだけでも大変なのに、
朝早い時間帯のためか、日陰となる部分が多く、露出が難しい。

2013/6月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
f11.0, 1/500, -2.00補正

|TOP|

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ

2017年は偶然にもかなり良い時期に竜頭の滝を訪問したようで、
新緑とトウゴクミツバツツジのピンク色の掛け合わせが美しかった。

|TOP|

戦場ヶ原のトウゴクミツバツツジ

トウゴクミツバツツジの壁紙へ

戦場ヶ原の北端、泉門池のトウゴクミツバツツジが
新緑とともに水面に写り込んで華麗に咲きほころんでいた。

|TOP|

湯ノ湖

紅葉が美しい湯ノ湖は、当然トウゴクミツバツツジも美しい。
とは思っていたが、なかなかいい時期に訪れるのは難しい。

湯ノ湖のトウゴクミツバツツジ

2015年は例年よりも季節の進行が速く、5月下旬にトウゴクミツバツツジの盛りを迎えていた。
国道から湯本の温泉街への入後値のこの場所は、紅葉の時期には幾度となく訪れているが、
春に写真を撮ることができたのは初めてだった。

|TOP|

湯ノ湖のトウゴクミツバツツジ

南岸から臨んだところ。1本のトウゴクミツバツツジが満開だった。
画面の右側には釣り人が必ずいるポイント

|TOP|

中禅寺湖畔

中禅寺湖畔は車を走らせているだけでも、
ポイントになりそうなところがてんこ盛りなので、キリがない。

菖蒲ヶ浜のトウゴクミツバツツジ

菖蒲ヶ浜で青い湖を背景に紅紫色の花が美しい。 

|TOP|

菖蒲ヶ浜のトウゴクミツバツツジ

 トウゴクミツバツツジが主役になっていないが、この一群がきれいだ。

|TOP|

新緑とミツバツツジ

奥日光に行くと必ず通る、 中禅寺湖畔金谷ホテルのレストラン。
レストランはちょうど昼時で混んでいて入れないが、
その周囲に咲くトウゴクミツバツツジは、見放題、撮り放題であった。
山の斜面一面に花が咲いていて、
カメラマンのシャッター音が静かな山に鳴り響いていた。

写真は木の幹の肌がとてもいい感じで、若葉が輝いている春の感じを
トウゴクミツバツツジの柔らかいピンク色と一緒に写し込んでみた。

2010/5月下旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N, EF70-200mm f2.8L USM ×1.4
1/500 f5.6

|TOP|

ミツバツツジ

上の写真はトウゴクミツバツツジを背景として使ったが、
ピントを合わせてみるとこんな感じだ。
山の斜面には陽が射しておらず、ちょっと眠たい感じ。
それでも、新緑の若草色と花のピンク色の競演は春を感じさせる。

2010/5月下旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N, EF70-200mm f2.8L USM ×1.4
1/400 f5.6

|TOP|

新緑とミツバツツジ

若葉も花も協調しあって、少しずつ色を変えながら楽しませてくれている。
同じ場所に咲くツツジですら、株によって花色がこんなに違うんだなあ。

日差しの当たるところでちょっと日陰に入ると、
手がかじかんでくる状況だから、ちょっとしませんが、
写真のような 大きな株になるには一体何十年かかるんでしょうね。

春は紅葉のシーズンと違って、いろは坂も混む心配がないから、
ゆっくりトウゴクミツバツツジの山を堪能することができた。

2010/5月下旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N, EF70-200mm f2.8L USM ×1.4
1/500 f5.6

|TOP|

湯川

龍頭の滝の上の流れはトウゴクミツバツツジで有名な所。
もう少し時期が遅ければ、満開というところか。

ミツバツツジ

遠くに見えるのは中禅寺湖、ここの景色はいつ見ても美しい。

2013/6月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
f11.0, 1/50, -0.67補正

|TOP|

ミツバツツジ

流れがだんだんきつくなっている、ほとばしる水しぶき、その先は竜頭の滝。

2013/6月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
f11.0, 1/640, -0.33補正

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

春らしいやわらかな緑とピンクの色合いと急な水の流れとの掛け合い。

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

坂を駆け登るかのような急峻な流れに身を寄せるトウゴクミツバツツジ。

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

見晴らしのいい記念写真のメッカ、誰でも見ることができる景色。

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

静と動。竜頭の滝のはじまり、一番上流部分だ。

|TOP|

竜頭の滝

竜頭の滝は紅葉でも有名。
これはトウゴクミツバツツジ紅葉にるものが大きいようだ。

トウゴクミツバツツジ

イタリア大使館周辺は雨が止まず、諦めて竜頭の滝に向かうとなんと晴れ間が・・・

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

右側の滝は側面からも撮影が可能。手前の花が風に踊って賑やかに。

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

左側の滝に焦点をあてると、また少し違ったイメージになった。

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

観瀑台ではなく、滝の下流側の道路から見ると、
左の滝は見れないがなかなかの眺めだ。

|TOP|

いろは坂

いろは坂は下りで使う第一いろは坂から見える斜面のミツバツツジが綺麗。
(上りの第二いろは坂は登るのに忙しく、よく見たことがない・・・)
しかし、ちょっと遠いところに咲いているものが多く、写真で撮るのは難しい。

トウゴクミツバツツジ

2015年5月上旬、今年の開花は早いようだ。
朝9時半と早い時間なので、下りのいろは坂も車はすいていた。
退避スペースに車を置いて駆けあがって、ねらいの花を撮った。

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

時期がずれたせいか、いろは坂側の崖に開花が多く見られた。
対面の斜面よりも距離が近く、少し鮮明な画像かな。

|TOP|

2012/5月中旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
1/1000 f5.6 -0.67EV

|TOP|

ミツバツツジ

屏風岩を狙うなら明智平からでしょうか?
サイクリングなら、いろは坂からでもチャンスがあるのか要検討。

2012/5月中旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
1/4000 f8.0

|TOP|

ミツバツツジ

ここは剣ヶ峰より下の古河日光発電(株)馬道発電所の入口。
車を止めて斜面のトウゴクミツバツツジの花を撮った。
剣ヶ峰では見下ろすような角度から、ここでは見上げるような角度だ。

2012/5月中旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
1/1000 f8.0, -0.33EV

|TOP|

清滝付近

清滝ICからいろは坂に向かう途中、大谷川沿いの山の斜面も自然豊かだ。

トウゴクミツバツツジ

新緑とともにトウゴクミツバツツジの群生が見事だった。

|TOP|

アラカルト

枚数が増えてきてタイトル部分は少しコンパクトに、残りはこちら。

ミツバツツジ

ここツツジの紅葉が素晴らしいところなので花も一杯あるはずなのだが、今日は・・・

2013/6月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
f11.0, 1/60, -1.00補正

|TOP|

ミツバツツジ

ちょっと小川のせせらぎ風。

2013/6月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
f11.0, 1/80, -0.33補正

|TOP|

ミツバツツジ

本日、一番花が密集して見えたところ。期待したものよりもかなり少ない。

2013/6月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
f11.0, 1/80, -0.67補正

|TOP|

ミツバツツジ
2013/6月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
f11.0, 1/80, -0.67補正

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

2015年、紅葉で見慣れた滝の風景が新緑となり、薄紫色の花が良く似合う。

|TOP|

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ

滝に比べて花のボリュームが少ないので、少し引き寄せたほうがいいようだ。
右側の滝の上半分と周囲の花のバランスが一番良かったってこのくらいでした。

|TOP|

トウゴクミツバツツジ

竜頭の右側の滝を側面から。
花のボリュームが今一つだが、きちんと主張はある。

|TOP|

ミツバツツジ

いろは坂から見るミツバツツジは、大抵が男体山の斜面に咲いたもので
300oの望遠でもようやく捉えることができるほど、距離が遠い。
その代わりといってはなんだが、人の手が入っていない野生のミツバツツジを見ることができる。

2012/5月中旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
1/500 f11.0, -0.33EV

|TOP|

ミツバツツジ

新緑に溶け込むような紅紫色の花々が点々と見える。

2012/5月中旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
1/400 f11.0, +0.33EV

|TOP|

ミツバツツジ

下りのいろは坂で車を止められるのは剣ヶ峰くらいのもの。
般若滝や方等滝を見ながらの花見はおつなものだ。

辞典で詳しく調べる
ツツジ科ツツジ(ロドデンドロン)属トウゴクミツバツツジ

★ 関連したページ ★
| ミツバツツジ(日光植物園)  | ミツバツツジ(三毳山)  |