ヤマツツジ

2017/06/09 (since2012/04/22)

| しゃくなげ橋〜湯川 | いろは坂 |

春を終わる

日光の春はいろは坂からはじまり、戦場ヶ原、金精峠へと広がっていく。
ヤマツツジが戦場ヶ原で咲き終わる頃、夏がはじまるといった季節感でいいかな。

しゃくなげ橋のヤマツツジ

6月といっても早朝の奥日光は素手だとシャッターを押す手がかじかむほどの気候だ。
湯川の畔も例外ではないのだが、すでにヤマツツジが咲き始めていた。

|TOP|

ヤマツツジ

朱色のヤマツツジの向こうにあるのは薄紫色のミツバツツジだ。
この山の一角はまるでツツジの森のよういろいろなツツジが咲いている。
この写真には写っていないが、シロヤシオもここで咲いていた。

2010/5月下旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N, EF70-200mm f2.9L USM ×1.4
1/500 f4.5

|TOP|

しゃくなげ橋〜湯川

日光のヤマツツジを戦場ヶ原で撮ることはないと思っていたが、
しゃくなげ橋から竜頭の滝にかけての湯川沿いにはヤマツツジも豊富であった。

湯川のヤマツツジ

竜頭の滝の上流側にある遊歩道からのヤマツツジとトウゴクミツバツツジの競演。

|TOP|

しゃくなげ橋のヤマツツジ

川の流れとの関係がわかる一枚で、遊歩道から見ることのできる早朝の風景。

|TOP|

しゃくなげ橋のヤマツツジ

少し引き気味にすると、低公害バスの停留所が見える位置だ。

|TOP|

いろは坂

日光でヤマツツジというと、いろは坂だ。上りも下りもどちらも楽しめる。
ただ、上りは早く中禅寺湖につきたいので、写真を撮るために車を止めたことがない。

ヤマツツジ

薄曇りの日のヤマツツジ。
開花したててで花数が少ない分、しっとりとした感じ。

|TOP|

ヤマツツジ

赤い花は色飽和?で色がつぶれることが多く苦手。
これは朝露が残った状態で開花したての花も瑞々しかった。

|TOP|

ヤマツツジ

日が射して、新緑がつややかな男体山の崖。
ヤマツツジがその名に恥じず、逞しく勢力を伸ばしている。
ここは、いろは坂を下る途中にある剣ヶ峰という小さな展望台で、
般若滝と方等滝の2つの滝を見ることができるが、写真は般若滝の右側にある崖だ。

|TOP|

ヤマツツジ

上の写真からさかのぼること4年、ヤマツツジがへばりつくように根を生やし朱色に咲いていた。
風が吹こうが、雨が滝のように降ろうが生き抜いている、なんという生命力、ど根性!

2010/5月下旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N, EF70-200mm f2.9L USM ×2
1/500 f5.6

|TOP|

ヤマツツジ

基本形

ツツジの類は変異が多いし、いろは坂のツツジを解説した本もない。
独断と偏見に基づいて、ヤマツツジの基本形ということにした。
上の2枚の写真は株としてはちょっと生育不良だろうからだ。
朱でも橙でもない柔らかな花色が、ドライバーやカメラマンの目を癒すに違いない。

2010/5月下旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N, EF70-200mm f2.9L USM ×1.4
1/640 f5.0

|TOP|

辞典で詳しく調べる
ツツジ科ツツジ属ヤマツツジ

★ 関連したページ ★
| クルメツツジ(春の庭)  | ツツジ(星野)  | ヤマツツジ(霧降高原)  |