イブキトラノオ

2017/08/09 (since2013/07/21)

| 戦場ヶ原 | 小田代ヶ原 | 季節外れに |

咲き乱れる

イブキトラノオって花をアップしても、ちょっと粗野な感じだし、
群落を作っても、なんだろう、まとまりがなく、「咲き乱れる」がお似合いだ。

イブキトラノオ

北側の小田代ヶ原?で、ホザキシモツケとの競演で彩り鮮やかだ。
水滴が綺麗についているのだが、解像度の関係で微妙。

|TOP|

イブキトラノオ

小田代ヶ原の木道に蔓延るイブキトラノオ。

|TOP|

戦場ヶ原

戦場ヶ原で質素に咲くイブキトラノオも味わい深い。

イブキトラノオ

7月下旬、湯川の畔は、ホザキシモツケとイブキトラノオに占有されている。

2013/7月中旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
f8.0, 1/800, -1.00EV
イブキトラノオ

青木橋を越えたところの湿原。
背景の木が傾いています。う〜ん、なんでだろう?
イブキトラノオを真っ直ぐ見せようとしたら、カメラが曲がっていた?
わざと、ならカッコいいんでしょうが・・・

2012/7月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF100mm f/2.8L Macro IS USM
f11.0, 1/1000, -1.00EV

|TOP|

小田代ヶ原

7月、戦場ヶ原も小田代ヶ原も山間部を除くと
どこを歩いてもイブキトラノオのないところがない、
というくらいにどこにでも咲いている。
かといって、山一面というほど密度が濃いところは少ない。

イブキトラノオ

この写真は小田代ヶ原から森の方を見たものだが、
周囲の草よりも背が伸びて見事な群落を見せていた。

2013/7月中旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
f8.0, 1/800, -1.00EV

|TOP|

イブキトラノオ大群落

いつもと違う季節、違う道を歩くと、こんな光景に出くわすことがある。
今まで見たことのない大群落で、光の射す奥の草原までずっとイブキトラノオだ。
8月上旬、戦場ヶ原から赤沼橋を通って小田代ヶ原に抜けるルートは初めて、
小田代ヶ原に入って間もなくのことだった。

2011/8月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D,EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
f11.0, 1/400, -0.67EV

|TOP|

イブキトラノオ

マクロレンズでアップするのを忘れていますので
手動デジタルズーム!しましたが、何の変哲もない。

2013/7月中旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
f8.0, 1/30, -0.67EV

|TOP|

イブキトラノオ

遠目には目立たないイブキトラノオ。

|TOP|

イブキトラノオ

7月下旬、このくらいの群落はどこでも見ることができた。
上の大群落見るまでは、こんなものかと思っていた次第。以下同じ。

2013/7月中旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
f8.0, 1/250, -0.33EV

|TOP|

季節外れに

季節外れには華のない花ですが、渋い奴でもあります。

イブキトラノオ

この頃は、イブキトラノオがすごい群落をつくるって知らなかった。

2012/7月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF100mm f/2.8L Macro IS USM
f11.0, 1/2500, -1.00EV

|TOP|

イブキトラノオ

左隅の青はアヤメ。いたる所に咲いているイブキトラノオは
色も形も主役になりにくい花だが、他の花たちの引き立て役?になる。

2011/7月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF100mm f/2.8L Macro IS USMM
f11.0, 1/125, -1.00EV

|TOP|

イブキトラノオ

幅の広い葉はハイケイソウのもの。

2012/7月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D, EF100mm f/2.8L Macro IS USM
f11.0, 1/2500, -1.00EV

|TOP|

辞典で詳しく調べる
タデ科イブキトラノオ属イブキトラノオ

★ 関連したページ ★
| イヌタデ(秋の野山)  | オオイヌタデ(秋の野山)  | ソバ(秋の野山)  | ウラジロタデ(乗鞍岳)  |