ミツバオウレン

2018/03/30

| 至仏山 |

森の贈り物

鳩待峠から至仏山に向かう山道の前半は植生豊かな森林地帯、
毎回違う発見のある楽しいところで、ミツバオウレンの群落もそのひとつだ。

ミツバオウレン

ミツバオウレンの壁紙へ

ミツバオウレンの群落を通り過ぎ振り向くと、やわらかな光が森を包み込んでいた。

|TOP|

ミツバオウレン

森の春が感じられるように、明るい若葉の緑をとろけるような背景に、
凛としたミツバオウレンの花を撮った。

|TOP|

至仏山

7月中旬の至仏山だが、2017年は雪が多かったせいか
2016年の7月上旬に来たときよりも花が遅れ気味。
お陰様で、ミツバオウレンの群落に出会うことができた。

ミツバオウレン

上向きの花を正面から撮ると、三つ葉がよくわかる。

|TOP|

ミツバオウレン

ミツバオウレンは花が小さいので群落を見せようとすると
何が写っているのかわからなくなってしまう。
小さすぎず、花の数もそれなりに多く見せるぎりぎりの一枚。

|TOP|

ミツバオウレン

お決まりの横顔ポーズ。

|TOP|

ミツバオウレン

上から下へ雪崩のように勢力を伸ばしているミツバオウレン。

|TOP|

ミツバオウレン

切り株を利用してちゃっかり居座っている。

|TOP|

ミツバオウレン

いまだに別の品種かもと疑っている
ミツバオウレンの花が開ききっていない状態のもの。

|TOP|

ミツバオウレン

振り向きざまの一枚。これだけでも今日至仏山に来た甲斐があるが、
入念にポジションを探して壁紙の一枚となった。

|TOP|

ミツバオウレン

大きく見える葉っぱは、まだ咲かぬマイヅルソウのものに違いない。

|TOP|

ミツバオウレン

至仏の森で最初に出会ったミツバオウレンの花。ここで締めくくり。

|TOP|

辞典で詳しく調べる
キンポウゲ科オウレン属ミツバオウレン

★ 関連したページ ★
| ミツバオウレン(白馬・栂池)  | ミツバノバイカオウレン(尾瀬〜至仏山)  | バイカオウレン(花之江の郷)  | バイカオウレン(星野自然村)  |