マイヅルソウ

2017/04/18 (since2013/06/02)

| 至仏山 | 三平峠 |

森の妖精

尾瀬の森のなかで出会うマイヅルソウは、
小さくて愛らしくてまるで妖精のようだ。

マイヅルソウ

マイヅルソウの壁紙へ

折れ曲がった木の株に、ニョッキと顔を出し、
今にもかくれんぼをしよう、と言い出すかのよう。

|TOP|

シダに囲まれて主張するマイヅルソウ。

2016年は二度目の至仏山で、一度撮った高山植物も
視点を変えて、と思うのだがアイデアに乏しい。
撮らされている、感が強いのだ。しょうがないか。

|TOP|

至仏山

鳩待峠から登り始めると、前半は森の中を歩くことになるが、
ゴゼンタチバナやここに紹介するマイヅルソウなど、
頂上にいつ着けるのかわからないくらいシャッターチャンスに恵まれる。

至仏山の舞鶴草

雨の森

雨降る至仏山で、これ以上先に進んで帰れなくなったら・・・
道はところどころ川になりつつあるし、
もう帰ろうかなと思った矢先、マイヅルソウの群落に出会ってしまった。
かわいい。雨に濡れている感じがなんともいえない。
たしか、EOS7もマクロレンズも防塵・防滴加工だったな、とだんだん強気になり。
おもむろにカメラを取りだし、気がつけば、十数枚の写真を撮り終えていた。
午後は雨が上がる予報だし、登ってくる人も増えてきたし、行くっきゃないでしょ。

2012/07月下旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D EEF100mm f/2.8L Macro IS USM
f5.6 1/125s, -1.00EV,

|TOP|

マイズルソウは今年、栂池で出会ってから知ったのですが、
雨にぬれていた方が断然いい感じです。

2012/07月下旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D EEF100mm f/2.8L Macro IS USM
f4.5, 1/200s, -1.33EV,

|TOP|

一杯咲いているんです、こんな風に。

2012/07月下旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D EEF100mm f/2.8L Macro IS USM
f4.5, 1/250s, -1.33EV,

|TOP|

山道を隔てて反対側にも、ほらこんなに。

2012/07月下旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D EEF100mm f/2.8L Macro IS USM
f4.0, 1/400s, -1.33EV,

|TOP|

一杯なんです。

2012/07月下旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D EEF100mm f/2.8L Macro IS USM
f4.5, 1/500s, -2.33EV,

|TOP|

クローズアップしてもなかなかの美人さん。
写真としては失敗ですね、ピンボケになってしまいました。

2012/07月下旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D EEF100mm f/2.8L Macro IS USM
f4.5, 1/125s, -1.33EV,

|TOP|

マイズルソウをもう一枚、記念撮影。
帰りにはもう足が痛くて写真を撮る気力がありませんでした。

2012/07月下旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D EEF100mm f/2.8L Macro IS USM
f4.5, 1/250s, -0.33EV,

|TOP|

三平峠

三平峠は至仏山と違い、山道の両脇は木に囲まれていることが多く、
トンネルのようにえぐれているところを歩くことが少ない。
尾根筋でもないので、視界がひらけたところが殆どないのが残念だが、
ここでもマイヅルソウは群落をつくって、登山客の目をなごませていた。

三平峠

大木に寄り添って大きな群落を作っていたマイヅルソウ。

|TOP|

こちらのものは所帯が少なめで、
樹木の側に生えているものの元気さを見ると、
樹木の養分を吸い取って育っているのか、などと考える。

|TOP|

辞典で詳しく調べる
ユリ科マイヅルソウ属マイヅルソウ