沼山峠・大江湿原・尾瀬沼

2017/04/23統合 (since1999/08/08)

| 大江湿原 | 尾瀬沼 |

沼山峠

尾瀬沼に入るには、檜枝岐から沼山峠までバスで行き、
そこから歩いて入るのが一般的。
関東の人には少し遠回りだが、ここまでくれば尾瀬沼はすぐそこだ。

尾瀬沼

さようなら、尾瀬沼

帰りがけ、これが尾瀬沼の見納めだ。
2日間、天気も良く、尾瀬は我々を歓迎してくれた、 ありがとう。

99/07/31撮影 by Shin

|TOP|

沼山峠

沼山峠から尾瀬沼を望む

沼山峠の壁紙

沼山峠のバス停を降りて、700mも登るとほんとの沼山峠。
尾瀬沼が見ることができて最高の眺めだ。

99/07/30撮影 by Shin

|TOP|

大江湿原

沼山峠から降りてきて急に開けたところが大江湿原だが、
ここまで森の中なので、ワアッ、て感じの感動。

大江湿原

尾瀬沼にある有名な3本カラマツを入れてみました。
レンゲツツジやニッコウキスゲ、コバイケイソウなどが咲きほころぶ
大江湿原の豊かな植生を感じてください。

|TOP|

99/07/30撮影 by Shin

燧ヶ岳の見える花園

ノアザミオタカラコウの咲く花園から燧ヶ岳が見える。湿原の夏はにぎやかだ。

|TOP|

大江川
99/07/30撮影 by Shin

イワナのいる川

大江川に架かる橋のたもとには、イワナとヤマメが群をなして泳いでいた。きれいな川だ。
旅人が与えるエサを目当てに集まっているようだった。
画面の奥の左は長蔵小屋、右は尾瀬沼で、河口まで200m位。

|TOP|

尾瀬沼

尾瀬沼の周囲は高山植物がいっぱい。
時間があれば、長蔵小屋などに泊まると夕日や朝もやの中の花を楽しめる。

イワツバメ

イワツバメの巣

尾瀬沼ビジターセンターの軒下につくるイワツバメの巣、ちょうど親が子にエサをやる時間だ

99/07/31撮影 by Shin

|TOP|

尾瀬沼

カモとイワナ

尾瀬沼にもイワナがいたのには驚いた。そして、カモ。
カモは結構素早い、一見物思いに耽っているような体制だが
エサを投げ込むと数mはひとっ飛び、イワナとの競争にも負けない

99/07/31撮影 by Shin

|TOP|

ルリイロトンボ

ルリイトトンボ

ゆっくりと森の中を飛び回るルリイトトンボ、このまま時が止まってほしいと思えるシーンでした。
瑠璃の部分はもっともっときれいでした
写真ではもっときれいだった瑠璃の部分が伝えられてません、残念

沼尻付近 99/07/30撮影 by Yuri

|TOP|

沼尻

高く高く

天をつくかのようにそびえ立つ一本の木
雲はもっともっと高く、流れていく
悠久のとき

沼尻 99/07/30撮影 by Shin

|TOP|