ヒオウギアヤメ

2015/05/31

| 尾瀬沼 |

大江湿原にて

ヒオウギアヤメはオゼヌマ周辺ではかなり多く見ることができた。
特に大江湿原では、木道の近傍まで花があったので、充分楽しむことができた。

ヒオウギアヤメ

6月下旬の大江湿原は人もまばらで、三脚を使うのも苦にならず、じっくりと取り組むことができた。

|TOP|

大江湿原

ほとんどのヒオウギアヤメは手の届かない遠くで咲いている。
花自体、それほど小さなものではないのだが、これで300o目一杯だ。

|TOP|

コバイケイソウ

住環境が似ているのか、至る所でコバイケイソウと共生。
特にここは頑張っていて、背丈もかなり近い。

|TOP|

ギョウジャニンニク

ギョウジャニンニクと張り合うヒオウギアヤメというところ。
花色も青紫色のヒオウギアヤメに軍配だ。

|TOP|

ニッコウキスゲ

今日一番の群落、手前のニッコウキスゲはこれからが本番。

|TOP|

群落

視点を変えるとこんな感じで、尾瀬沼と川に挟まれた湿原で群落を形成。。

|TOP|

尾瀬沼を望む

いろいろ撮ってみるが、これといったフォトが・・・

|TOP|

大江湿原の森に近い方では、コバイケイソウの花の高さが目立つ。

|TOP|

尾瀬沼

三平下から歩いてきて視界に尾瀬沼が現れたところで、
コバイケイソウと共に咲くヒオウギアヤメに出会った。

どちらの花も若々しく、晴れて尾瀬沼の色が蒼かったらなどと無い物ねだり。

|TOP|

辞典で詳しく調べる
アヤメ科アヤメ属ヒオウギアヤメ

★ 関連したページ ★
| アヤメ(日光・白根)  | アヤメ(花之江の郷)  | マンシュウアヤメ(春の庭)  | ノハナショウブ(霧降高原)  | キショウブ(花之江の郷)  | ダッチアイリス(夏の庭)  | シャガ(太平山)