オニシモツケ

2017/06/25

| 栂の森 | 栂池自然園 | 鎌池湿原 |

大群落

オニシモツケの花は小ぶりの花が密集して大きく見せるもので、
花色もやや赤みがかった白で特に目立つことはないが、
7月中旬〜下旬に栂池自然園を訪れると、大群落を形成していて目をみはらせる。

オニシモツケ

栂池自然園の浮島湿原では、そういった大群落をオタカラコウとともに見せてくれた。
手前の少し黄色い変わった花はオオレイジンソウだ。

|TOP|

オニシモツケ

別の方向に目を向けると、あった、ありましたオニシモツケの優勢な場所が!

|TOP|

オニシモツケ

花はご覧の通り、小さくて可憐な花の集まりです。

|TOP|

栂の森

栂池自然園に行くとき必ず通る栂の森、
こちらではしばしば、これから見る花たちの予告編を見ることができます。

オニシモツケ

道路沿いの明るい場所に、まるで植え込みのように並んで咲いています。

|TOP|

栂池自然園

栂池自然園では、ミズバショウ湿原、浮島湿原と川沿いで
オニシモツケを見ることができるようです。

オニシモツケ

ボリュームは浮島湿原が一番。

|TOP|

オニシモツケ

展望湿原とヤセ尾根をまわって浮島湿原に戻ってくると、
その素晴らしさに、またシャッターを押してしまう。

|TOP|

オニシモツケ

蕾はすこし赤みが強いので、色の変化を楽しめる。

|TOP|

オニシモツケ

花は本当に小さく、マクロで寄ってもこの程度。そよ風も大敵だ。

|TOP|

オニシモツケ

これはみずばしょう湿原の花で、少なめ。

|TOP|

オニシモツケ

途中の川沿いの花の様子。川に覆いかぶさるように枝を出し涼しげだ。

|TOP|

オニシモツケ

これも川沿い。

|TOP|

鎌池湿原

8月上旬、八方尾根の麓に広がる鎌池湿原では
終わり間際のオニシモツケで溢れかえっていた。

オニシモツケ

くすんだ薄茶色の部分は実になりかけのオニシモツケだ。
あと1〜2週間早いと、見事なオニシモツケを見ることができただろう。

|TOP|

オニシモツケ

年度は違うが、7月中旬はまだつぼみもある。
栂池と違い、ニッコウキスゲなどと咲いているようだった。

|TOP|

オニシモツケ

中央右は既に実になりつつあるオニシモツケ。

|TOP|

辞典で詳しく調べる
バラ科シモツケソウ属オニシモツケ

★ 関連したページ ★
| シモツケソウ(白馬・栂池)  | キョウガノコ(日光植物園)  | シモツケ(日光・白根)  | イワシモツケ(白馬・栂池)  | ホザキシモツケ(日光・白根)  | ユキヤナギ(春の野山)  |