塩原の紅葉

2017/11/06 (since2014/11/01)

| 渓谷美 | 塩原渓谷 | 日塩もみじライン | 太閤下ろしの滝 |

渓谷美

急峻な流れがなく、緩やかな流れが主役の塩原渓谷。

潜竜峡の紅葉

特に流れが静かな潜竜峡の紅葉。
目立つ色はないものの、色の変化が美しいと思った。

|TOP|

塩原渓谷

塩原渓谷は目の前の紅葉を見ながら運転できる、
ドライバーにとてもやさしいところだった。
歩く場合は箒川沿いに12kmにわたって続く散策路で、
回顧の吊り橋から源三窟までのコースが用意されている。

ところがどうだ、2017年に行ったときは、がま石トンネルが出来ていて、
回顧の吊橋に通じる駐車場と留春の滝に通じる駐車場の間の
美しい渓谷の美を見ることができなくなってしまった。
目的地にはスムーズに着くかもしれないが、途中は楽しくなくなった。

回顧の吊橋から見た紅葉

がま石トンネルの手前にある駐車場に車を停め、
数分歩いて下ると回顧の吊橋に着く。
吊橋から上流側を見たときの紅葉がこれ。

|TOP|

留春の滝と紅葉

がま石トンネルを過ぎてすぐの駐車場に車を停め、
数分歩いて下ると留春の吊橋につく。
吊橋を渡って、左に少し進むと落差15mの留春の滝がある。
箒川の右岸に懸かる唯一の滝、とのことだ。

|TOP|

留春の滝と紅葉

留春の滝の対岸にある無名?の滝と紅葉。

|TOP|

塩原渓谷の紅葉

ちょっとした駐車スペースに停めて撮った塩原渓谷の紅葉。
この道路は交通量が多く、ゆったりと構えた撮影はできない。
本気で撮るなら、散策路を歩くべきだろう。

|TOP|

紅葉

というわけで、右の上流側を見て1枚、左の下流側を見て1枚。撮影終了!

|TOP|

塩原渓谷の紅葉

塩原グリーンビレッジに渡る橋から箒川の流れと紅葉。

|TOP|

塩原渓谷の紅葉

国道400号線と塩原バレーラインの分かれ道にある橋の上から。

|TOP|

日塩もみじライン

日塩もみじラインは塩原温泉と鬼怒川温泉の龍王峡を結ぶ全長28kmの観光道路。
もみじラインと呼ばれるだけに、道路から見る木々の色づきと山の紅葉が見事。
峠の茶屋やその横にある白滝、太閤下ろしの滝なども楽しむことができる。

日塩もみじラインの紅葉

中央の山の尾根筋に見える紅葉が良いラインを作っていた。

|TOP|

日塩もみじラインの紅葉

道路から見る紅葉もご覧のとおり。ドライブに最適だ。

|TOP|

太閤下ろしの滝

豊臣秀吉が会津遠征の帰路、急坂にさしかかったため、馬を下りたところにあったとも、
滝のあまりの美しさに、思わず馬から下りたことに由来するともいわれる太閤おろしの滝。
ここから1kmほど下ると、龍王峡。日塩もみじライン唯一つの料金所がある。

太閤下ろしの滝と紅葉

太閤下ろしの滝の主要部分。

|TOP|

太閤下ろしの滝

奥の滝をアップして撮ってみた。

|TOP|

太閤下ろしの滝の遊歩道

駐車場からほどなくたどりつく太閤下ろしの滝。
ご覧のように遊歩道が整備されている。

|TOP|