ヤマエンゴサク

2017/03/12

| 姫川 | 桑取火 |

キケマン属

キケマン属を同定するのは危険がいっぱい。
今回は勇気を持ってヤマエンゴサクです。
一応、苞葉に切れ込みがあるみたいなので・・・

ヤマエンゴサク

空気はヒンヤリとしていますが、花曇りの状態で
やわらかい光が花のまわりを包み込んでいた。

|TOP|

姫川

4月下旬、白馬山麓の姫川源流から
少し外れた所に咲いていたヤマエンゴサク。
人によってはミチノクエンゴサクという人もいてちょっぴり心配だが、
花の大きさと、新潟以北に生育するとされるので除外した。

畑と道との間にある空き地にご覧のような群落を形成していた。

|TOP|

正面かもポーズ。

|TOP|

桑取火

南会津の桑取火の山に咲くヤマエンゴサクは青系統で、
紅紫系の姫川のものとはだいぶ印象が違う。

4月下旬に桑取火を訪れたのだが、
下の写真のと合わせて2株だけが咲いていた。

|TOP|

ふかふかの土に気持ちよさそうに生えている。

|TOP|

辞典で詳しく調べる
ケシ科キケマン属ヤマエンゴサク

★ 関連したページ ★
| ムラサキケマン(星野自然村)  | ムラサキケマン(太平山)  | エゾエンゴサク(春の庭)  | ミヤマキケマン(春の野山)  | ジロボウエンゴサク(春の野山)  |