イチリンソウ(一輪草)

2017/01/03 (since2010/05/08)

| 万葉自然公園かたくりの里 |

みかも山公園

撮影地は東口、
駐車場を降りて数分でお花畑に行ける、花を撮るには絶好の場所だ。
カタクリの宴が終わってしまえば、静かな静かなところだ。
イチリンソウ、だと思うがカタクリの里のそれとは違うような気もする。

みかも山のイチリンソウ

2016年は全般的に花が2〜3週間早めだった。
これは4月上旬、花びらが赤みを帯びていて、より可愛らしい。

|TOP|

イチリンソウとヤマブキ

ヤマブキの根元に咲くイチリンソウの一群。

|TOP|

イチリンソウ

木道からアップで撮れるイチリンソウはなくて、
望遠レンズの部分切り取り、趙望遠状態のクローズアップです。

|TOP|

イチリンソウ

イチリンソウの群落が生い茂る斜面。

|TOP|

<

万葉自然公園かたくりの里

ゴールデンウィークの頃、三毳山のイチリンソウは最盛期だ。
しかも、ハイカ−がほとんどいないので、山は静かそのもの、
狭い階段状の山道も 気兼ねなく三脚を広げて撮影できる至福の時。

イチリンソウ

イチリンソウにもいろいろな種類があるのだろう。
この形のイチリンソウには出会ったことがない、と思っていたのだが
風のせいで、花の向きが垂直になって上から花びらが垂れただけかも。

2010/4月下旬撮影 by Shin
70-200 f2.6 1/1600 f3.2

|TOP|

イチリンソウ

目指す花に木漏れ日が当たった所。

|TOP|

イチリンソウ

上の写真より斜面がややきつくなったところ。
転がり落ちるように花が増えていく感じ。

|TOP|

一輪草

山一面の白花

イチリンソウがそれこそ山の斜面一面に咲いていた。
1ヶ月前ならカタクリが一面に咲いていた斜面だ。
この斜面のさらに下の方にはニリンソウも咲いていた。

2010/4月下旬撮影 by Shin
70-200 f2.6 1/200 f4

|TOP|

辞典で詳しく調べる
キンポウゲ科イチインソウ属イチリンソウ

★ 関連したページ ★
| イチリンソウ(春の庭)  | 二リンソウ(上三依)  | ニリンソウ(三毳山)  | ニリンソウ(太平山)  | サンリンソウ(春の庭)  | アズマイチゲ(星野自然村)  | アズマイチゲ(早春の庭)  | アズマイチゲ(早春の野山)  | アズマイチゲ(三毳山)  | アネモネ(早春の庭)  | アネモネ・リブラリス(日光植物園)  | キクザキイチゲ(早春の野山)  | シュウメイギク紅花(秋の庭)  | シュウメイギク白花(秋の庭)  | ヒメイチゲ(春の野山)  | ハクサンイチゲ(乗鞍岳)  | ハクサンイチゲ(尾瀬)  |