タツナミソウ

2016/02/27 (since1998/06/14)

| 白花 | 紅紫系 |

グラウンドカバー

日照りの夏に土が乾燥しきって山野草がたくさん枯れてしまったとき、
日陰を作ってやれば 表面の乾燥がいくらか和らぐだろうと思い、
簡単に増えて冬も越せて花も楽しめる花を探して タツナミソウを選んた。
結果はご覧の通り、3年で一面のジャングルができました。
グラウンドカバーによる日陰は成功していると思います。

タツナミソウ

タツナミソウのお花畑はコントロールが効かないが、御覧のように豪華なものだ。
我先に上に伸びようと競い合っているような姿が美しい。

タツナミソウの奥の緑は黄花イカリソウの葉、我が家ではかなりの大株。
さらに向こうのピンクのぼけている花のかたまりはシバザクラということで、花盛り。

2009/5月t上旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N/EF70-200L USM f2.8
f3.5 1/4000

|TOP|

タツナミソウ

タツナミソウが夏でも威勢がいいのは、値の張り方が半端ないからだろう。
重宝しているが、いらないところにも生えてくるので、抜くことになるが
そこらじゅうの土がひっくり返されるほどで、それはそれで大変だ。

淡い紫と濃い紫の組み合わせが、若々しい緑色にマッチして彩も申し分ない。

|TOP|

タツナミソウ

春の庭は、フクジュソウが終わり葉が黄色くなる頃、タツナミソウの出番だ。
この黄色から紫色への花のリレーは見ていて楽しい。

|TOP|

白花

タツナミソウの蕾

タツナミソウの蕾はゲンコツを振り上げたような姿だ。
若葉の柔らかい緑と相まって、白い花がよりすがすがしく映る。

2009/5月t上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D/EF100mm f/2.8L Macro IS USM
f8.0 1/125

|TOP|

タツナミソウ

開花

タツナミソウの花は下から咲きだす、
横顔は鯨が顎を外したような感じに見えてほほえましい。
蕾をエイリアンに見立てるとちょっとこわい。
見方はいろいろあるが、庭に白い花が咲き始めると気持ちがいい。

2009/5月t上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D/EF100mm f/2.8L Macro IS USM
f8.0 1/1600

|TOP|

紅紫系

タツナミソウ

我が家のタツナミソウは基本的に白と紅と紫色だが、
品種に違いがあるのかな、名前も微妙に違いがあるかも
と思いながら十数年が経過、どうしたもんだろう・・・

|TOP|

タツナミソウ

春はタツナミソウが庭中に咲き誇ります。

|TOP|

タツナミソウ

紫色の斑点が可愛らしいが、つぼみの形は
映画エイリアンを想像させる、ちょっと怖い感じ。

青紫色系の色はちょっとした光の加減で色が全く変わってしまい
上と同じのタツナミソウがとても同じものとは思えない。

2010/5月上旬撮影 by Shin
Canon EOS 7D EF100mm f/2.8L Macro IS USM
f4.5 1/250

|TOP|

辞典で詳しく調べる
シソ科タツナミソウ属タツナミソウ