ミヤコワスレ

2017/02/12 (since2011/04/16)

| 江戸紫 |

浜乙女

ミヤコワスレを購入したときはピンク色(品種名は浜乙女)の他に
青紫色(品種名は江戸紫)と薄紫色(品種名は青い空)の3色、各1株ずつあった。
しかし、いつしか1色消え、2色消えピンク色のものだけが残った。私としては、江戸紫の濃い青紫色も好きな花色だったのだが、
一番好きなピンク色の浜乙女が残ったので良しとしよう。

ミヤコワスレ

どうしても横からのショットを撮ってしまう。
周りを彩るピンクの花も黄色のしべとの色のバランスが絶妙で、
背景も真っ黒にならずに暗いながらも緑色になったので花が際立った。

|TOP|

ミヤコワスレ(浜乙女)

この浜乙女、生き残っただけあってなかなか剛健で、
なだらかな傾斜の庭を少しずつ上に株を増やしているようで、
ご覧のように花数もかなり多くなった。

2006/5月上旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N, EF18-55 f3.5-5.6
f5.6 1/3200

|TOP|

都忘れ

立ち姿

ミヤコワスレはその立ち姿、花と葉のバランスとか、
花色、葉の形など、どれをとっても私の好みに合っているので、
こうやって見ていても飽きない。
百花繚乱の春の庭の中で、それほど目立つ存在ではないが、
その立ち姿は 「うん、いいね!」 という感じなのだ。

2006/5月上旬撮影 by Shin
Canon EOS Kiss Digital N, EF18-55 f3.5-5.6
f5.6 1/1000

|TOP|

江戸紫

江戸紫は2011年の失敗から2012年にもトライしたが、
日向は苦手なようで2年続けての失敗だ。
2015年、1日2時間程度の日照のロックガーデンで
満を持してのトライで、冬も葉が残り生き延びるようになった。

ミヤコワスレ(江戸紫)

浜乙女の横に江戸紫を植えた。
ミヤコワスレを育てるならミヤコワスレの近くがいいだろう。

|TOP|

都忘れ(江戸紫)

江戸紫オンリーならコレ。
冬越ししたのが暖冬だから、なんてオチがないように願うばかりなり。

|TOP|

辞典で詳しく調べる
キク科ギムナスター属ミヤコワスレ

★ 関連したページ ★
| ミヤコワスレ(太平山) |