コオニユリ

最終更新日
2016/02/02
●学名
Lilium leichtlinii
●科名
ユリ科ユリ属
●花期
7月〜8月
●生育地

山地の草原に生え、北海道から九州、東北アジア各地に分布。

●特徴

茎は高さ1mを超え、枝分かれする茎の先端に濃色斑紋のある赤燈色の花を2〜10個付ける。葉は披針形で多数互生する。

●写真集

コオニユリコオニユリ 尾瀬

コオニユリの花コオニユリ 日光・白根

コオニユリの花コオニユリ 日光植物園

●育て方

通年、日当たりの良い場所に置く。灌水は乾きすぎない程度とし、過湿は避ける。

肥料は春と花後・秋に置き肥を与える。

植え替えは2〜3年に1回、休眠期に行う。中深鉢に球根を据えて深めに植え付ける。

用土は軽石と赤玉土か硬質鹿沼土の混合土を用いる。

増殖は、鱗片挿しか実生による。

●近縁種

オニユリ (日本各地に分布。平地の高原など人里近くに自生。コオニユリとの区別は非常につけにくく、葉腋にムカゴが付くのがオニユリ。付かないのがコオニユリ。)

カノコユリ (四国・九州に分布。海岸や渓谷の岩上に生える。しばしば崖などから垂れ下がるようにして咲く。)

クルマユリ (北海道・本州の近畿以北・四国の剣山に分布。亜高山帯の草原に自生。)

スカシユリ (本州の紀伊半島・新潟県以北に分布。海岸の砂地や岩地などに自生。)

ヒメサユリ (日本海沿いの東北地方に多く見られ、やわらかい桃色花。)

ヒメユリ (本州の東北地方南部以南・四国・九州の山地に自生。)

ヤマユリ (近畿以東の本州中〜北部に分布。強い方向のある白い花を咲かせる。)

ヒメユリ (山地に生え朱赤色の花弁を持つ。)

●和名
小鬼百合。小さなオニユリということで名がある。
●参考図書

園芸植物(山と渓谷社)、日本の山野草(NHK出版)、山野草大百科(講談社)、山草図鑑(栃の葉書房)